都営地下鉄浅草線AED設置レポートについて

AEDは、心臓の動きがとまった人に、電気的ショックを与え、心臓の働きを戻すことを試みる医療機器です。

2004年からは一般市民も使えるようになり、空港や学校、球場、駅などのさまざまな公共施設に設置されることが多くなりました。

わたしが日頃よく使っている都営地下鉄浅草線には、全駅にAEDの設置がされています。

日頃よく使う路線ですので、もしもの時のためにAEDの設置場所を調査しまとめました。

浅草線を使われる皆さんのお役に立てればと思っています。



浅草線AED設置場所


AEDについて

AEDとは?

AEDをご存じですか?
AEDとは、Automated External Defibrillatorの略で自動対外式除細動器(じどうたいがいしきじょさいどうき)のことをいいます。

でも、聞いただけでは、????と言う感じですよね。

AED1テレビドラマなどで、医師が「電気を流します!離れて!」「ガシャン!」と意識のない患者に電気ショックをあたえているシーンをご覧になったことはありませんか?
そうです。
あの機械をAEDというのです。

今までは、このAEDを使えるのは、医師や救命救急士の資格保持者に限られていました。
しかし、2004年からは私達のような一般人も使用することが認められたのです。
それは、どうしてなのでしょうか?

現在、日本では年間、数万人もの方が心臓病で突然死しています。

救急車が駆けつけてから、AEDによる治療をしていては、助かる命も助からない・・・
止まりかけた心臓は早ければ早いほど、回復する可能性が高いと言われています。
ですから、救急車を呼んでいる間に居合わせた人たちで、AEDによる処置が施せたらもっと多くの命を救えるのではないか?との、理由から一般人の使用が法律で認められたのです。

AEDは、一般人でも簡単に使用できるように作られています。
携帯電話の操作よりも簡単だと言うのですから、驚きですね。

もしかしたら、明日にでも使わなくては、いけない時が来るかもしれません。
そして、あなたのおかげで、一つの命が助かるかもしれません。
この機会に、AEDについての知識を蓄えてみませんか?


AED使用時の注意

AEDを設置してある所と聞いて、どのような場所を思い浮かべますか?
病院、駅、学校、ホテル、デパート、スポーツジム・・・
私達は、さまざまな場所でAEDを見る事ができます。

このようにAEDが設置してある場所で働く人たちには、AEDの講習を必ず受けておく必要があります。
他にもいくつかの注意事項が定められていますので、見てみましょう。

まず第一に、周りに医師等がいないかどうかを確かめなくてはなりません。
医師による処置が望めない場合は、AEDの使用が認められます。
第二に、倒れている人に意識や呼吸がないかどうかを確認していること。
第三に、使用されるAEDが医療用具として薬事法上の承認を得ていること。

以上の条件をクリアしていれば、医師免許がなくてもAEDを使用することが認められます。
AED2
もちろん、AEDを使用する場面に滅多に居合わせない一般人においては、講習は受けていなくても使用することができます。
なぜならば、一般市民がAEDを使用する際は、緊急避難時の医療行為として法律で認められているからです。
人の命に関わる重要な行為ですから、なるべくなら避けたいと思われるかもしれません。
しかし、人命を助けようとして行った行為なのですから、たとえ結果が良くなくとも、刑罰を受けたり損害賠償を求められることはないので安心してくださいね。

人工呼吸や心臓マッサージは知識がないと出来ませんが、AEDは機械が教えてくれる通りにやればいいのですから、心配いりません。
勇気を持って行動してくださいね。


AED講習会&使い方

人命救助と聞いて、何を思い浮かべますか?AED3
AEDと答えた方は、身近にその存在を感じている人でしょう。
おそらく多くの方は、人工呼吸とか心臓マッサージと答えるのではないでしょうか?
もちろん、どれも正解です。

人命救助は、人工呼吸・心臓マッサージ・除細動の3つのことをいいます。
一般市民が行うこの行為を救命手当と言います。
救命手当の方法はいろいろな所で、習うことができます。

消防署では頻繁に講習会を開催しています。
さらには、会社や団体にも消防団員や消防署の方が出張して講習会を行うことが多くなっています。
講習会は約3時間程で、人命救助のやり方の他にも止血法やAEDの使い方を教えてもらうことができます。

小・中学校にも消防署の方達が訪れて、救命手当の方法を教えて下さっています。
子供だけ・親だけに分かれて講習を行うところがほとんどだと思います。
しかし、可能であれば親子で習って「命の大切さ」について一緒に考えられたら・・・と思わずにはいられません。


AEDの使い方が動画でわかります。
基本的な動作方法を把握しておくだけでもいざと言うときに役にたつでしょう。

【AEDの使用法】は下記の画面をクリックしてください。


AEDのレンタルについて

AEDが普及されるようになってから、人が多く集まる公共施設などでは、AEDを見かけることが多くなってきました。
しかし、決して値段が安いとはいえないAEDを簡単に設置することは難しいですね。
病院でも、大きいところは置いてあるでしょうが、個人の診療所などではまだまだ普及されていないのが現状です。

AEDは高額ですし、日常における使用頻度はとても少ないものです。
購入を見合わせるのも納得がいきますね。
しかし、AEDは、レンタルすることも可能だということをご存知ですか?

レンタル料金は企業によって様々ですが、長期の場合は毎月 約2万円ぐらいのようです。
さらに、電極パッドや電池の交換時期のチェックも、定期的にメンテナンスに来てくれるそうですから、安心ですね。
破損した場合も、無料で修理や交換をしてくれるそうです。

また、町内のお祭りやスポーツ大会など、短期間だけAEDを用意したい方もいらっしゃるでしょう。
AEDのレンタルは短期のレンタルも可能です。
短期の場合は、2泊3日で約1万円程です。
さらに、AEDの機械だけではなく、トレーニング用のダミー人形やAEDケースなどを借してくれるメーカーもあります。
万が一、短期レンタル中にAEDを使用したら電極パッドは買い取りになるようです。

AEDを設置したいのに、色々な条件で見合わせている方にとって、レンタルサービスはとても有意義なものだと思います。
メーカーによって、機種も値段も違いますから、よく調べて検討してみると良いでしょう。


愛知万博とAED

2004年から一般市民のAED使用が認められたとはいえ、私がAEDの存在を知ったのは、2005年に開催された万博でした。
愛知県で開催された「愛・地球博」です。
万博に訪れた人は、約2205万人!すごい人数ですね。
これだけ大勢の人が集まった万博会場には、約100ヶ所にAEDが設置してあったそうです。
始まった当初は、まだ肌寒い3月でした。
暑い夏が終わる9月の閉会までの半年間の間に、熱中症になった方が313人、心停止状態になった方が3人いらっしゃいました。

そして、この心停止状態になった3人の方達の命が、AEDによって助けられました。
どの時も、警備員や救急隊、医学生らの手によって心肺蘇生法が実施されました。
心臓マッサージをする人、AEDを装着する人、会場に待機していた救急隊を呼ぶ人・・・見事なチームワークだったと当時のニュースでは発表していました。

おそらく、この時のニュースでAEDという機械が一般人でも使用できるようになったことを知った方は多いのではないでしょうか?
そして、心臓マッサージや人工呼吸と同じくらいAEDの必要性が認識されたと言っても、過言ではないでしょう。

万博終了後、会場の備品や施設などが、希望者に譲渡されました。
もちろん、AEDも例外ではありません。
設置されていた約100台のうち35台が、万博終了後、栃木や鹿児島などの26自治体に譲渡されたそうです。
きっと、今でも市民の安全のために待機してくれていることでしょうね。



都営浅草線AED設置場所レポート